自己啓発と右脳開発で向上する方法

サイトマップ
自己啓発プログラム

自己啓発とは

自己啓発とは、自分自身の意識や脳力を高めるという意味です。啓発の意味は他人に対して教えるという事ですが、自己(自分)に対して自分で向上していく、向上心とも受け取れます。
この向上するについて私達が普段使っていない、正確に言うとまだ目覚めていない脳力(潜在意識)などを高め、練習することによりその力を引出す行為を自己啓発と言います。

自己啓発は練習する行為や向上心の意味を指しますが、私達人間(動物も含めて)が自分の能力を高めようと努力する行為は生まれ持った本能的な行為で、誰にでも備わっている意識です。どのような動物でも成長する過程で最低限生きるための能力は必要となります。

自己啓発は本能的な衝動です、生まれたときの赤ちゃんの頃には最低限の能力(食べる・寝るなど)を行うことしかできませんが、人間の場合は他の動物よりも特殊な能力を身に付けていくことになり、その後成長する過程でさまざまな学習により身に付けていきます。

話す・書く・読む・考えるなどは人間にしか出来ない能力ですが、これらの能力も成長する過程で教育などによって身に付けていきます。(正確に言えば親から教えられる教育される事によって少しづつ身に付けていきます)逆に言えば成長する間に何も教育や学習を受けなければ、話す事も書くことも出来ない動物と同じレベルの人間に成長してしまう可能性もあるのです。

成長する過程で人間が生活する上で最低限の能力は誰でも身に付けますが、それ以上の能力はある一定の特殊な練習を行わないと身に付ける事が難しい能力もあります。一般的には右脳開発とも言われますが、記憶力・直感力・想像力など普通の動物ではあまり必要でない能力を高めていく方法です。

自己啓発は現代社会では必要不可欠な手段(方法)といえます、会社の中でパソコンを使ったりして色々な作業を行ったりするなど頭を使って行う作業が多くなています。また企画や製作の仕事などでは発想力や想像力を養う必要があります。右脳のまだ使われてない潜在能力を開発することによって、効率的に社会の中のさまざまな場面で活用する事ができます。