右脳開発や右脳トレーニングで能力開発する

サイトマップ
自己啓発プログラム

右脳開発とは

脳科学 - 右脳 - 能力右脳開発では右脳の働きを活性化させるトレーニングを毎日実行することにより、眠っていた脳力を開花させる事が可能となります。

右脳開発で右脳の働き(直感、想像力、イメージ記憶、瞬間記憶、長期記憶、ヒラメキ、創造力、芸術脳、潜在意識)を活発にする事で記憶力が向上し、芸術的な感性やアイデア(突発的なヒラメキ)も養う事ができます。これらの脳力を引き出す事で今まで使われていなかった潜在意識も同時に活性化できます。

右脳開発では脳の中で起こっている現象を研究したり、脳のメカニズムについて専門的な視点から観察する脳科学に基づき、効率的な練習を実行します。普段の私達の生活の中では、脳の3~10%程度しか使われていないと言われています。

右脳開発トレーニングで右脳が活性化されたときに、脳内でアルファー波が検出されますが、普通の人が意識的に脳をアルファー波の状態にする事は中々難しいのです。脳を活性化させるには、それなりのトレーニングを積み、繰り返す事が必要となってくるのです。

右脳開発の研究のひとつとして、脳力を伸ばすためのトレーニングにも色々な方法がありますが、その効果として、集中力が鍛えられたり、記憶力や理解力を鍛える事で、普通の人の何倍ものパワーを発揮する事ができるようになります。
右脳開発について脳科学で解明されていることは、人間が1つの事に集中すると、顕在意識大脳新皮質神経細胞を活性化して、その指令を潜在意識である自律神経に伝えます。
顕在意識とは、自分が今目覚めている意識の全ての事です。
集中力を増すトレーニングを積み重ねる事で、普段は使われていない潜在意識も活性化されるので、あなたの脳は人の何倍もの脳力を発揮する可能性があるのです。
右脳開発の潜在脳力の活用とは、本来人間が持っている脳力の事で、自分では気づいていない脳力です。
あなたが脳力を伸ばすトレーニングを積み重ねる事により、今までに使われていなかった脳の部分が活性化され、仕事や勉強の能率があがったり、記憶力を上げる事ができるようになるのです。
脳科学 - 右脳 - 能力右脳開発を研究する脳科学の分野では、脳に関する情報と機能の研究が進められています。
私たちの脳は、生後3歳までにそのほとんどの部分が生成され、考える事、話す事、覚える事など人間として、最低限の必要な働きが生成されます。
左脳では、言語認識、論理的思考、計算、顕在意識などが処理され、
右脳では、イメージ記憶、直感、芸術性、創造性、瞬間記憶、潜在意識などの働きがあります。
右脳を活性化させる事で、あなたが今まで使わなかった脳力が引き出されるのです。

右脳開発では、複雑な計算式や文章を瞬時に記憶したりする事は、受験勉強で多くの物事を、覚えなければならないときに有利になります。
またアイデアや想像力が豊になる事で、ビジネスの戦略を考えたり、今後の市場の流れを予測するなど、さまざまな分野で活用する事が出来ます。