依存症を完治する画期的方法

サイトマップ
自己啓発プログラム

依存症を克服する方法とは

依存症 - 中毒 - 止める最近ではテレビやラジオで依存症という言葉を耳にしますが、これはひとつの事に集中して行うことで安心感がえられ、それが繰り返されることで慢性的に陥って依存してしまう一種の病気です。

依存症の代表的なものに、アルコール依存症・パチンコ依存症・ニコチン依存症などがありますが、その他にも携帯電話・恋愛依存など様々な症状を上げる事ができます。自分自身が依存症であるということは中々理解できない場合が多く、夢中になっている期間が長くつづけばどんどんとのめり込んで立ち直るのが困難なケースもあります。

自分が依存症と診断されても自覚するまでにはある程度の時間がかかりますし、理解できたとしても直ぐに治療を受けようと思わないのも、この病の特徴です。普段はまったく健康だと思われる人でも依存に頼っていることもあり、それ自体を自分の意志でコントロールすることができなくなっている状態なのです。まわりの人が止めさせようと努力しても、患者本人が止めようとおもっていなければ、治療は難しいといえるでしょう。

(アルコール・パチンコ・ニコチン)依存症が悪化すると、健康だけでなく、心の中でも圧迫感や威圧感がでてきたり、周りの人達にも大変な迷惑をかけることにもあります。そして自分の体がいう事を利かなくなることもありますので、症状が軽いうちに治療することが大切です。

依存症 - 中毒 - 止める(アルコール・パチンコ・ニコチン)依存症治療の方法は、何か効果のある薬を飲んだり、手当てするような事ができないのが依存症回復の困難ともなっており、普通の病であれば、薬で効果があがったり、手術などで悪いところを取り除いたりできますが、依存症の場合は頭の中でのホルモン物質のコントロールが不安定な状態になっており、依存させないこと自体が1番効果的な方法でもあります。

しかし、普段の生活の中でまったく自由に生活できるのであれば、本人の意思でまた依存していく方向に進む事を抑えることが難しいのです。まわりの人の協力ももちろんですが、再び一度でも依存に頼ってしまうと、脳内物質が快感中枢を刺激して、以前の症状が再発してしまうので、その悪循環から抜け出せなくなっていくのです。

(アルコール・パチンコ・ニコチン)依存症の回復には、周りの環境も大きく変える必要があり、社会で生活している中で大きなストレスや、過去の大きなショックなどから依存に陥ってきく場合もありますので、その障壁自体を取り除かない限り、治療も進まないのです。