右脳開発で能力開発する耳トレーニング

サイトマップ
自己啓発プログラム

倍速CD

倍速CD

倍速CD 理解力を高める倍速CDトレーニングについて、私達が日常使っている話しのスピードを早めてみるとどのようになるのでしょうか、頭の中では言葉を理解しようとすると同時にさまざまな神経ネットワーク活性化して、なんとかそのスピードに追いつこう、聴き取ろうとするはずです。これは普段私達が無意識におこなっている行動で、耳から入った情報は頭の中で整理され、それが何を意味しているのか何を言っているのか、理解しようとたえず頭の中が働いているのです。
速く聴くで言葉のスピードを速めることは、同時に理解するスピードを速めることになり、言語を理解しようとする速度もあがりますので、結果的に脳の神経ネットワークが活性化され、判断力や理解力がアップできるようになるのです。

倍速CD速く聴くで言語を理解するという行為は、脳の一部分だけを使用しているわけではありません、一つ一つの言葉がどのような意味があるのか、何を現してのか、過去に蓄積された情報の中から検索して、それを当てはめてく作業を無意識に行っており、脳のネットワーク全体を活用して、働いているのです。
言語を理解するときは今のあなたが目覚めている意識(顕在意識)を集中させることも大切です。普通の会話であれば、理解する速度は速くないので、何となく聴いていても理解できるはずですが、これが2倍速、3倍速となると段々と聴き取りにくくなってくるはずです。断片的な言葉は聴き取れるかも知れませんが、ある程度の練習を行わなければ、文章の全体を理解する所までは至らない状態で、何か話してはいるけれどもイマイチ理解できない状態であると思います。しかし初めて速く聴くを行う場合はこれが当たり前ですので、あきらめず何回も練習を行う事が必要となってきます。

倍速CD速く聴くでのある程度の練習で、2倍速を理解するレベルまでいければ、次は3倍速または4倍速とスピードを上げていきます。そして4倍速を聴いてから今度は2倍速を改めて聴いてみてください。速度が急に落ちた分、以前よりは充分内容を理解することが出来るはずです。これはあなたの頭の回転が4倍速の状態のままで活性化されたことで、2倍速が遅くかんじたり、今までより詳しく理解できる状態になったことを意味しているのです。

速く聴くとき4倍速を初めて聴くときには言葉を追う作業がまったくできず、難しいと思うかもしれません。高速で聴いているときに同時に言ってる文章を目で追うとさらに効果的です。目と耳で同時に作業を行うことで、理解するのがとても楽になります。これは速読と速く聴くを同時におこなってるのと同じ効果で、右脳左脳の連動を活性化することでネットワーク全体の速度を高める方法です。