自己暗示術や自己催眠術で向上する画期的方法

サイトマップ
自己啓発プログラム

自己暗示術CD

自己暗示 - 自己催眠 - 催眠法

自己暗示 - 自己催眠 - 催眠法自己暗示を練習する場所は、落ち着ける静かな場所がいいでしょう。
部屋の中であれば、少し照明を暗くして、ゆったり座れる椅子に腰掛けるか、ベットなどに横になって下さい。
自己暗示で体の各部分に暗示をかけて行きますが、何も感じられなくてもあせらないで下さい。
何回も練習しているうちに、自然と感じられるようになります。
自己暗示1週間目の練習では。
「腕が重たい」、「足が重たい」と、心の中で唱えます。
しばらくすると、腕と足がだるい感じ重たいと感じられるようになります。
腕と足の筋肉の緊張が解けて、弛緩した状態です。
自己暗示2週間目の練習では。
「腕が温かい」、「足が温かい」と、心の中で唱えます。
しばらくすると、腕と足だ温かく感じられるようになります。
腕と足の血行がよくなり、ほんのり温かい状態です。
自己暗示3週間目の練習では。
「呼吸が楽だ」と、心の中で唱えます。
しばらくすると、呼吸が安定したと感じられるようになります。
気持ちが落ち着き、呼吸をするのが楽になる状態です。
自己暗示4週間目の練習では。
「心臓が規則正しく打っている」と、心の中で唱えます。
しばらくすると、心臓の鼓動が感じられるようになります。
心臓に気持ちを向ける事で、感じられる状態です。
自己暗示5週間目の練習では。
「お腹が温かい」と、心の中で唱えます。
しばらくすると、お腹が温かいと感じられるようになります。
お腹の筋肉が弛緩し、血行が良くなる状態です。
自己暗示6週間目の練習では。
「額が涼しい」と、心の中で唱えます。
しばらくすると、おでこや顔の辺りが涼しく感じられるようになります。
頭に意識を向ける事で、脳と心が一体化した状態です。
自己暗示 - 自己催眠 - 催眠法自己暗示7週間目の練習では。
自分にかけたい暗示を、心の中で唱えます。
ここまでの過程で、心と体が一体化して潜在意識に暗示が受け入れやすい状態になっています。
このCDでは、「あなたの脳は活性化する」と、暗示をかけています。

自己暗示を習得する事で、あなたの心に余裕ができて、リラックスした気持ちで毎日を生活する事ができるようになります。イライラしたとき、落着けない場面に遭遇したときは自己暗示を心の中で唱えて見てください。自然と気持ちが安定し、リラックスした気分になることでしょう。

自己暗示では手や足を弛緩させる練習を行います。筋肉の緊張を和らげる練習を行う事で、体の緊張を解きほぐす事が自分の意志でできるようになるのです。

自己暗示では自分の潜在意識(眠っている見えない心)に暗示を与える事で自分自身を変えることができるのです。良い暗示を与える事で、前向きな考えができるようになり、物事に対して積極的に考えたり行動できたり出来るようになります。

自己暗示 - 自己催眠 - 催眠法潜在意識はあなたの見えない意識なので、自分の意志ではどうにも出来ない意識です。私達の普段行う行動は潜在意識によって左右されているといっても過言ではないのです。この見えない意識を上手く活用する事が出来れば、自分の心や気持ちを変える事ができるようになり、今までよりも積極的な自分になる事ができます。

自己暗示では、潜在意識に自分に必要な暗示を与える事で、少しづつ良い考え方や積極性を実現させます。暗示の内容は自分に1番必要な事柄を考えてみて下さい。理想の自分になる為に最適な暗示を与える事で、一歩つづですが近づく事ができるのです。